主な治療の種類

日帰り手術のご案内

耳鼻咽喉科 日帰り手術

下鼻甲介粘膜焼灼術(コブレーター下甲介粘膜焼灼術)(高周波手術)
ENTECコブレーター2 サージェリー システム

(以下コブレーション)を使用した手術方法です。

 

適応疾患:アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎、花粉症、血管運動性鼻炎)

           肥厚性鼻炎    慢性副鼻腔炎 好酸球性副鼻腔炎

治療効果:①特に鼻閉の強い症状の方に効果的です。

     術後1ヶ月では、97%の人に効果がみられ、1年後でも76%の方に効果が持続しています。

       ②くしゃみ、鼻水は、 術後1ヶ月何れも66%の人に改善がみられ、術後2年後では、それぞ

      れ65% 71%と改善が得られています。   術後2年でも、良好な結果が維持されています。

 

手術:侵襲が少なく外来での治療が可能です。

   高周波電流を用いて粘膜にプローブの先端を挿入し低音で粘膜固有層を

   処理するため、下鼻甲介粘膜表層の損傷を抑えながら、下鼻甲介部を 変性させます。

術後:①患者さんの中には、術後1周間 は、慢性的な鼻詰りや鼻漏(鼻汁)が続く方もいます。

     ②術後、1週間は鼻を強くかむことを避けて下さい。

              ③術後、患者さんの中には、微量の出血が見られる場合もあります。

     ④術直後の腫れは、5~7日以内で和らぎ通常の生活や食事摂取が出来るようになります。

     ⑤鼻組織の変性により、生体内に自然吸収され、個人差はありますが、

    術後約数週間~数ヶ月で収縮効果が期待できます。

 

手術費用:健康保険が適用されます。

     両側8,730円        

 

 

手術方法:局所麻酔下で行います。

     1. 5000倍エピネフリンと4%リドカインを浸したガーゼに15分間表面麻酔を行います。

     2. 1%エピネフリン入りリドカインを下鼻甲介粘膜下に注射し、浸潤麻酔を行います。

     3. 十分麻酔が効いたことを確認後、1~3箇所にプローブを挿入、下鼻甲介粘膜下を焼灼 します。

コブレーターを使用した他の手術適応疾患

1.鼻茸(鼻ポリープ)

  鼻茸によって鼻閉がが強い方でコブレーター手術で鼻茸を縮小させ、鼻閉を改善させます。

2. 口蓋扁桃肥大の縮小    

3. アテノイド増殖症、口呼吸、いびき、習慣性で滲出性中耳炎

  アデノイド増殖症が原因と考えられるが、症例が手術対象である。

   内視鏡下で行います。 アデノイド増殖症が原因で、上記症状の改善を得る目的の手術である。

内視鏡下副鼻腔手術 (endoscopic sinus surgery)=(ESS)

従来の肉眼視による鼻内手術に比較して、鼻内経由の内視鏡をしようした副鼻腔手術は、手術の正確度、安全性に大きな向上が認められている手術です。

モニタ-TVや録画機器を利用した手術技術の進歩で従来、1~3週間の入院が必要でしたが日帰りで行えるようになりました。

 

手術対象の疾患は、

 ①慢性副鼻腔炎(蓄膿症)(好中球性副鼻腔炎)⇔気管支炎と関係がある。

 ②アレルギー性副鼻腔炎⇔アレルギー性鼻炎と関係がある。

 ③好酸球性副鼻腔炎⇔喘息と関係が深い。非常に再発しやすい。

 ④鼻茸(鼻ポリープ)上記の① ② ③にしばしば合併します。

手術は完全予約制です。

  手術前、鼻、副鼻腔CT撮影、血液検査を行い、既往歴や現在服用している薬剤等の情報等を問診します。

治療風景

手術料金

 手術の範囲によって異なります。

 通常 副鼻腔炎の手術:5万円~10万円

    鼻茸のみの場合:15,000円

© 2023 パレスクリニック 

03-3213-2855

Tel